佐藤良純/さとう・りょうじゅん

大正大学名誉教授昭和7年東京生まれ。
浄土宗東京教区光圓寺住職。大正大学、同大学院、インドデリー大学院に学ぶ。
昭和34年より大正大学で教鞭をとり、教授、学科長を経て平成14年退職、大正大学名誉教授となる。
インドへの初渡航は昭和38年、以来インドへ訪れること40有余回。著書は『ブッダガヤ大菩提寺』、『釈尊の生涯』など多数。
師僧でありご尊父である佐藤良智上人は法然上人鑽仰会設立寺のメンバーのひとり。
平成○年より当会の会長に就任。
米寿を過ぎてなお好奇心旺盛で、奥様いわく、「新しいものが大好きです」とのこと。