【2022/9月号】村田編集長の『浄土』編集前記#1【NO.966】

編集前記

隔月連載・寺院紀行 「彦根・宗安寺」

人口あたりの浄土宗寺院数が一番多い滋賀県、その筆頭となる宗安寺は戦国武将、井伊直政が築いた彦根城、その城下に広がる街並みにたたずんでいます。

1彦根城

写真1は彦根城です。高い建物は規制されていて、よく見えるお城です。

2キャッスルロード

写真2は近年整備されたキャッスルロードと呼ばれる通りです。せっかくなので、近江牛のお店に入りました。

宗安寺_黒門と赤門

写真3はそのキャスルロードに面する宗安寺の黒門と赤門。それぞれ謂れのある門で、観光客が立ち止まっていました(真山)

この記事を書いた人

村田洋一

Webサイト「じょーど」&月刊誌「浄土」編集長
令和3年に63歳を迎えた増上寺の塔頭寺院の住職です。
もともとサラリーマンの家庭に生まれ、社会人になってから親戚のお寺を継ぎました。
12年間男性月刊誌の編集部で雑誌作りの仕事をしていました。
退職後お寺に専念しますが、お寺関連の編集や出版に携わり続けています。
還暦を過ぎても好奇心旺盛なお坊さんです。